学校法人尾張学園 名古屋大谷高校

お問い合わせ 資料請求
学校紹介 学科・コース 進路・実績 部活動紹介 学校生活 入学案内 交通・アクセス

トップページ > 学科 > 特別進学コース

特別進学コース

特別進学コース

特別進学コース 3つの特長

進路・実績をみる
ポイント1
7限授業・8限演習・土曜ゼミ

週4回の7限授業に3回の8限演習、土曜に実施されるゼミと、学習する環境は質・量ともに万全です。学校での学習だけで着実に力がついていきます。はじめは「大変」と感じても、すぐに慣れていきます。このプラスαの時間が、3年後の「合格」に大きく作用します。

ポイント2
少人数クラス
授業後も自主学習

少人数だからこそできる、生徒と先生の距離感が大きな「頑張り」の源となります。生徒の長所をきめ細かな面談によって発見し、学力アップ、やる気アップに結び付けます。この先問われてくる「思考力・判断力・表現力」を身につけるためには、机上の学習だけではどうしても不足気味になります。そんなとき、近くにいる先生が個々の生徒の特性に応じた適切なアドバイスをしていきます。

ポイント4
外部の有名講師をフィーチャリングした土曜ゼミ・春期学習会

土曜ゼミ・春の学習会に大手予備校の先生を招いて普段とは異なる授業を行います。新たな切り口で展開される講義で、どんどん学習意欲がわいてきます。

ポイント3
学習合宿など、特進コース独自行事

夏休みを利用して、学習方法の確立とクラスの団結を目的に、特進コース独自で計画実行しているのが学習合宿です。また、特進コース教員の毎週のミーティングではクラス間の情報交換の他に、新たなプロジェクトを開発・実行しています。

特別進学コース に通う生徒の声

特別進学コース に通う生徒の声1
   「情報工学系の大学に進みたい」
荒川 柊一(名古屋市立滝ノ水中学校)

大谷の特進を選んだのは中学校の先生に勧められたからです。どんな職業につくかは大学で決めたいと思いますが、とにかく一生懸命勉強して情報工学系の大学に進むのが今の目標。勉強も大切ですが、良い友人を見つけるのも大切だと思っています。学校の行事も思いっきり楽しみたいです。

「メリハリのある高校生活を」
永井 穂香(名古屋市立笈瀬中学校)

大谷は学校が駅から近くて便利だし、特進には夏の勉強合宿や学習会などしっかり勉強できる環境があるから選びました。勉強も遊びも集中してメリハリのある生活を送りたいです。人前でしっかり自分の意見が言えるようになりたくて、文化祭では弁論大会にも出ました。いい経験でした。

特別進学コース に通う生徒の声1
特別進学コース に通う生徒の声3
   「教育系の大学に進むのが目標」
立石 智也 (名古屋市立港明中学校)

自分の学力に合っていたのと、カリキュラムに沿って勉強すれば大学進学に有利だと思って大谷の特進を選びました。小学校の時、担任の先生に憧れ、今でも相談相手になっていただいています。そんな先生になりたくて、教育系の大学に進学したいと思い、学校と家の両方で勉強に力を入れています。

3年間の歩み

「特別進学コース」は国公立大学および難関私大への合格をめざして勉強に力を入れているコースです。
小規模ながら専用棟で丁寧な学習指導を受け、1年次から受験に向けた学習指導がくまれています。
2年次には河合塾と連携してサテライト講座を行っています。土曜ゼミという授業もあり、塾に行くことなく受験学習ができます。

特別進学コース 3年間の歩み

奨学生(特待生)制度

さらにいろいろな奨学生制度をみる

入試合格者の中で、成績優秀な者

  • 学業奨学生1 入学金全額(20万)を免除し、授業料・教育充実費全額相当額を給付
  • 学業奨学生2 入学金後納分(18万円)を免除し、授業料・教育充実費全額相当額の半額を給付
  • 学業奨学生3 年額60,000円を奨学金として給付
進路・実績をみる

このページの上へ