学校法人尾張学園 名古屋大谷高校

お問い合わせ 資料請求
学校紹介 学科・コース 進路・実績 部活動紹介 学校生活 入学案内 交通・アクセス

トップページ > 学科 > 福祉・医療進学コース

福祉・医療進学コース

福祉・医療進学コース

福祉・医療進学コース 3つの特長

進路・実績をみる
ポイント1
土曜日や夏休みのボランティア活動・1日職場体験で夢を見つけます。

現場に入ることで、仕事の内容だけでなく、患者さんや利用者さんとの関わり合いを通してやりがいを実感し、将来の夢を明確にします。

ポイント2
福祉進学クラスは、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級相当)の資格取得をめざします。

高齢社会に対応する社会福祉の仕事の中で、もっとも必要とされる介護の知識、そしてこころを学びます。

ポイント3
医療進学クラスでは、看護医療系学校への合格を応援します。

入試科目をバックアップするカリキュラムはもちろん、職業倫理を学ぶことで理想とする医療従事者像を持ち、夢の実現に励みます。

福祉・医療進学コース に通う生徒の声

福祉・医療進学コース に通う生徒の声1
   「保育士になる夢に向けて」
本田 彩乃 (北名古屋市立西春中学校)
将来の夢が保育士なので、それにきっと役立つと思ってここを選びました。体験実習やボランティア活動などが充実していることにもひかれました。吹奏楽部の定期演奏会を聴いて感動し、部活も吹奏楽部に。保育士になるための資格をめざし、短大か専門学校に進みたいと思っています。
「勉強と部活の弓道で成績を残す」
伊藤 晴輝 (名名古屋市立桜田中学校)

家から近いので、勉強や部活に時間が有効に使えると思ったのと、親が福祉関係の仕事をしていて、福祉に興味を持ち、大学進学をめざしてこのコースを選びました。まだ、何になるか決まっていませんが、今は、勉強の成績を上げることと部活の弓道でいい成績を残すことを目標にしています。

福祉・医療進学コース に通う生徒の声2
福祉・医療進学コース に通う生徒の声3
   「看護師か理学療法士のどちらかに」
大塚 拓海 (名古屋市立菊井中学校)
大谷を選んだのは、他にはあまりない福祉・医療進学コースがあったから。医療関係の大学に進み、看護師か理学療法士になりたいと思っています。中学時代は成績が良くなかったけれど、高校ではとにかく勉強を頑張ろうと思って、医療のことも先生方に聞いたり、自分で調べたりと準備をしています。

3年間の歩み

「福祉・医療進学コース」は1年次はボランティア活動等への参加で職業意識を育てます。
2年次より福祉進学クラス医療進学クラスにクラス分けをして、それぞれ進学するためのこころと学力を養います。
福祉進学クラスは在学中に介護職員初任者研修の資格取得をめざし、福祉住環境コーディネーター3級の受験指導も行っています。医療進学クラスでは7限演習授業で実力養成をはかります。

福祉・医療進学コース 3年間の歩み 医療進学クラス

看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師 などをめざします

福祉進学クラス

社会福祉士、介護福祉士、保育士、幼稚園教諭 などをめざします

※土曜ボランティア講座や夏休みのボランティア、看護体験、幼稚園 体験学習等、実施しています。

取得可能資格
●福祉住環境コーディネーター2級・3級
福祉進学クラスでは、全員が「介護職員初任者研修」の資格取得に取り組んでいます。
2年生からは演習や実習等も行っています。
●介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級相当)
高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーの資格取得をめざします。

奨学生(特待生)制度

さらにいろいろな奨学生制度をみる

普通科全コース、商業科の合格者の中で成績優秀な者に資格があります。

  • 学業奨学生1 入学金全額(20万)を免除し、授業料・教育充実費全額相当額を給付
  • 学業奨学生2 入学金後納分(18万円)を免除し、授業料・教育充実費の半額相当分を給付
  • 学業奨学生3 年額60,000円を奨学金として給付
進路・実績をみる

このページの上へ